塩麹を使った煮物。

塩麹を使った煮物。

塩麹を使った煮物。

先日、わが父からもらった塩麹。

一度使って以来面倒でそのままですが、きっとこれも賞味期限みたいなものがあるはずです。

何かに使わねば。

そう思い、ネットのレシピ検索です。

家に大根が余っているので、これに使えないかと思い探してみると、大根と豚肉を塩麹と他の調味料で煮るというものを発見です。

塩麹とみりん、しょうゆ、しょうがで大根と豚肉を煮込みます。

豚肉は先にごま油で炒めると香ばしくておいしいとあったので、その通りにしました。

大根は半分はおろし、半分はいちょう切りです。

しっかり煮込むと、麹のせいなのか、ほんのり味噌の様な風味が。

とってもご飯に合うお味に仕上がりました。

旦那さんも息子もガツガツ大根を食べてくれて助かりました。

塩麹は本当にすごいですね。

もちろん、これだけでは満足しそうにないので、春雨の甘辛炒めも作りました。

常備している春雨とミンチ、そしてありあわせの野菜を入れて作るものです。

ねぎやにら、にんじん、きくらげなどがとても合うのですが、なんと我が家にはにんじんしかありません。

仕方ない、にんじんとミンチのシンプルなものを作ることにしましょう。

野菜とお肉を炒めてからお水とガラスープを入れてしばらく煮込み、しょうゆと砂糖、しょうが、にんにくで味付けしたスープに春雨をそのまま放り込んで、煮込みながら柔らかくします。

前もって戻す必要がないので、とてもお気に入りのレシピなんです。

大人はこれにラー油をかけて食べるのがおすすめ。

でも、我が家は最近お土産に購入した液体ゆずごしょうをかけるのが定番となっています。

ほんのり柑橘系の香りが加わって、辛い中にもさっぱり感があってとてもおいしくなります。

あとはキャベツの千切りとごはん。

さぁ、明日は何にしよう。

毎日考えるのも大変です。

シャンクレールの口コミ

オランジーナという飲み物。

数日前、テレビを見ていたら「寅さん」の音楽が流れてきました。

ふと見ると、リチャード・ギアが寅さんっぽい恰好をしてCMに出ていましたね。

ウェイトレスが手を振ったりするのを自分へだと勘違いして一生懸命返しているんだけど、実は後ろの男性に向けてだったというオチ。

それはオランジーナという新発売のドリンクのCMでした。

そして今日、スーパーで見つけたオランジーナ。

さっそくゲットです。

説明書きを読むと、フランスの地中海沿岸で1936年にオランジーナというブランドが誕生し、それから現在に至るまで、フランスで愛飲されているものだそうです。

飲んでみると、ファンタオレンジほどは甘くなく、オレンジピールの程よい苦みが、というだけあって確かにほのかな苦みというか、あの柑橘系の皮の風味がします。

これ、結構おいしいかも。

昔は甘い炭酸飲料が大好きでした。

ファンタグレープやメローイエローなどはお誕生日会の飲み物の定番でしたね。

スプライトやコーラよりもこちらの方が人気があったと思います。

もちろん、我が家の子どもたちもイベントの時に持ち寄るのはなぜかみんなファンタグレープですから、ロングセラーと言ってもいいですよね。

でも、大人になってくるとだんだん甘味から離れてくるというか、コーラとかのほうが好きになり、ついに今回オランジーナまでたどり着いたわけです。

こういうあっさりした甘味の炭酸飲料が増えてくれると嬉しいなぁと思います。

あと、ノンカロリーだったらいう事ないけど、さすがに果汁入り飲料ではそれは無理ですかね(笑)

ぜひゼロカロリーの果汁風味、でいいから、の炭酸飲料をもっと発明してほしいと思っています。

開発担当さん、待ってますよ~♪